ホーム > 会社情報 > 最新情報

「これからの投資をどうするか?」一緒に考えてみましょう

混乱が続くマーケットですが、これからの投資はどう考えればいいのでしょうか?

年50回以上の長期分散投資に関する資産設計セミナーの講師であり、シリーズ10万部のベストセラー『資産設計塾シリーズ』の著者であるマネックス・ユニバーシティの内藤忍にインタビューしました。

長期分散投資はこれからも有効? 分散投資をしても各アセットの相関が高いのでは? わたしたち個人投資家がまずやるべきこと


内藤さんは、長期分散投資を提唱されていたかと思います。
2007年のサブプライムローン問題をきっかけに、ここのところ市場は混乱しています。 長期分散投資はこれからも有効だと思っていますか?

2008年は個人投資家のほとんどの方にとって厳しい相場だったと思います。

私自身、投資教育の会社の仕事をしている一方で、みなさんと同じように自分の資産運用している一個人投資家でもありますが、これだけの短期間に大きな変動を経験したのは初めてです。

分散投資を徹底していても、この1年のリターンで見ると想定を超えるマイナスになりました。 しかし、投資の成果は1年で計るものではありません。問題は長期分散投資の前提が変わっているかどうかだと思いますが、私は変わっていないと思っています。
もう株価は上昇しないのではないか?という悲観的な見方をする専門家もいますが、その点はどう考えていますか?
目先の経済状況や金融市場の混乱を見ると悲観的になるのは、理解できます。

しかし、現在の資本主義システムによる経済が続く限り、いずれ混乱は収束し、企業収益に見合った株価水準に戻ると思われます。
ただ、それがいつかは専門家でさえも断言することはできないのです。



長期分散投資はこれからも有効?
分散投資をしても各アセットの相関が高いのでは?
私たち個人投資家がまずやるべきこと



マーケットに参加する前に、まずは投資の知識を身につけよう





初心者マークのあなたには、
この本がオススメ♪

¥1,200−   ¥1,575−   ¥1,575−

投資に関する疑問は全て解決してから投資をしたいという方はこの本をバイブルに!
 
お金との付き合い方を学びたい方にはコチラをオススメします。


¥1,785−   ¥1,365−

内藤忍のプロフィール

株式会社マネックス・ユニバーシティ 代表取締役社長
マネックスメール金曜コラム新しいウィンドウに表示します「資産設計への道」のコラム執筆(毎週金曜日掲載)
新しいウィンドウに表示しますマネックス・ユニバーシティにおける投資教育コンテンツに多数出演。
マネー雑誌や女性誌にて、コラムを連載中。

口座開設・維持費は無料です。まずは口座を開いてみませんか?
口座開設・資料請求はこちら(無料)
マネックス証券に口座をお持ちでない方はこちら

当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。

その他の最新情報を見る

画面上部へ


ページトップへ