マネックス証券 業界最安水準の手数料とプレミアムサービスであなたの投資を全力でサポート!

最短3分で申し込み完了!口座開設はこちら 無料
新規口座開設キャンペーン

はじめてのマネックス 口座開設の流れ 創業者の理念
初めての方も上級者の方も満足する! マネックスが選ばれる9つの理由
主要ネット証券5社のうち、1約定30万円以下の取引ならマネックスが断然お得!
マネックスならノーロード以外の投資信託も購入時手数料が実質0円!
プロトレーダーに迫る投資環境をご自宅やスマートフォンで!

毎月少額でも気軽に始められる国際分散投資を実現!
投資タイミングの参考となる情報を無料でご利用可能!豊富な投資教育コンテンツも!
取引に応じてもらえるマネックスポイントを手数料や人気のポイントサービスに変換!

ロボットの判断を活かすマネックスシグナルなど他社にない先進的サービスを提供!
経験豊かなオペレーターがきめ細やかに対応!
海外の高金利や為替差益を狙う方へ外貨建ての金融商品が豊富!


市況概況、企業情報、マネー講座、資産設計情報など有益な投資情報満載でおとどけします!





口座をお持ちでない方も登録OK!

マネックスにする理由1 業界最安水準の株式手数料
業界最安水準の株式手数料!比べてみれば、やっぱりマネックス証券
パソコンからでも携帯電話からでも、マネックスなら株式売買手数料が業界最安水準の最低100円(税抜)〜。初めての方でも少額からリーズナブルに投資できます。

主要ネット証券5社の株式取引(現物)の手数料(取引毎手数料コース)※1

※1 /約定金額50万円以下の株式売買手数料
※2 /松井証券は取引毎手数料を採用していないため対象外としています。

手数料は2014年6月20日現在のものです(マネックス証券調べ)。手数料は変更されることがあります。詳細は必ず各社のウェブサイトでご確認ください。また、約定金額が50万円を超える場合の手数料につきましては「株式売買手数料の詳細」よりご確認ください。

業界最安水準の手数料について詳しく> 

マネックスにする理由2 NISAならマネックスで
NISAはじめるなら、マネックスで!
NISA 2014年から株式や投信などの配当金/運用益を一定額非課税にする制度「NISA」がスタートしました。

NISA口座の取扱商品/NISA口座の手数料

※NISA期間限定キャッシュバック適用時。


マネックスのNISAスペシャルサイトへ> 

3.マネックスにする理由3 高機能トレーディングツール
PCでもスマートフォンでもプロトレーダーに迫る投資環境

マーケット情報やニュースをチェックしつつ、素早く注文できるトレーディングツールを各種ご用意しています。

マネックストレーダー

プロのトレーダーが利用していたものに迫る投資環境を、自宅にいながらにして実現できるリアルタイム・トレーディングツールです。



マネックストレーダー スマートフォン株式取引アプリ

株式取引がこのアプリのみで完結する、スマートフォン向け高機能トレーディングアプリです。
※一部の取引を除く

FX PLUS スマートフォンFX取引アプリ

株式取引がこのアプリのみで完結する、スマートフォン向け高機能トレーディングアプリです。
※一部の取引を除く


高機能トレーディングツールについて詳しく> 

マネックスにする理由4 少額1,000円から投資OK
少額の資金でも投資可能
マネックス証券では、申込手数料無料(ノーロード)の投資信託を多数取揃えています。

1,000円からの購入が可能

通常購入でも積立てでも一部の投資信託を1,000円以上1円単位で購入することができます。

少額から国際分散投資を実現

1,000円投信の活用で少額から株式や債券、先進国や新興国などに分散投資を行うことが可能です。


少額からの投資信託について詳しく> 

マネックスにする理由5 投資を無料で学べる
投資に役立つ情報や分析ツール

保有している銘柄や、気になる銘柄をリアルタイムで閲覧できるマーケットボード、定期的に投資判断の有益情報を得られるマネックスのアナリストからのレポート、世界有数の金融機関J.P.モルガンが機関投資家向けに作成しているレポートなどなど、様々な投資情報をご利用いただけます。(※一部有料)



充実の投資情報について詳しく> 

マネックスにする理由6 マネックスポイント
取引毎のポイントを手数料に
「一日定額手数料」ご利用時の日計り取引なら片道手数料がポイントでバックされるので、取引回数が多いお客さまには、とってもおトク。また、貯まったマネックスポイントはSuicaポイントや《セゾン》永久不滅ポイント、JALやANAのマイルのほか、さまざまな特典と交換することもできます。

人気のポイントサービスと貯まったマネックスポイントは交換できます!

お得なマネックスポイントについて詳しく> 

マネックスにする理由7 先進的なサービス

  1999年創業以来、貸株サービス、カブロボファンドなど、次々と先進的なサービスを他社に先駆けて提供してきたマネックス。2012年には、複数の投資分析アルゴリズム(ロボット)により、オススメの銘柄と売買タイミングを日々メール配信する独自のサービス「マネックスシグナル」を開始しました。
マネックスシグナル

マネックスの先進的な商品・サービスについて詳しく> 

マネックスにする理由8 安心サポート

通常のサポートダイヤルに加えて、パソコン操作の技術的なご質問にお答えする「パソコンサポートダイヤル」もご用意。それぞれ経験豊かなオペレーターがきめ細やかな対応を行います。

マネックスのサポート体制について詳しく> 

マネックスにする理由9 豊富な海外投資商品
グローバルな資産運用を実現
長引く国内の低金利。個人投資家の間では、海外の金利の高さや為替差益を狙って一部の資産を外貨建てで保有する動きもあり、外貨建ての金融商品が大人気。マネックス証券では世界に投資するさまざまな金融商品をお取り扱いしています。



マネックス証券の米国株サービスは、主要ネット証券の中でも随一!アメリカに投資するならマネックス証券で!

豊富な海外投資商品について詳しく> 



当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。

国内外上場有価証券取引に関する重要事項(金額税抜)

国内株式及び国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、又は発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の0.1%、指値で約定金額の0.15%を乗じた額がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります(NISA口座ではご選択いただけません)。単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。
国外株式及び国外ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国外株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、又は発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じるおそれがあります。国外ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。また、国外株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。中国株式等の売買では、約定金額に対し0.26%(最低手数料70香港ドル)の売買手数料及び現地諸費用がかかります。現地諸費用の額は、その時々の市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等及び手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、中国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし最低手数料5米ドル、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等及び手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。
お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。


投資信託取引に関する重要事項

<リスク>
投資信託は、主に値動きのある有価証券、商品、不動産等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。投資信託は、投資元本及び分配金の保証された商品ではありません。
<手数料・費用等>
投資信託ご購入の際には、申込金額に対して最大3.5%(税込3.78%)を乗じた額の申込手数料がかかります。また、購入時又は換金時に直接ご負担いただく費用として、申込受付日又はその翌営業日の基準価額に最大1.2%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。さらに、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して最大年率2.447%(税込2.547%)+0.2%(概算)程度を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。また、運用成績に応じた成功報酬等がかかる場合があります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。
<その他>
お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。


債券取引に関する重要事項

<リスク>
債券の価格は、金利水準の変動により上下しますので、償還前に売却する場合には、元本損失が生じることがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに対する外部評価の変化等により、元本損失が生じることがあります。外貨建て債券は、為替相場の変動等により、元本損失が生じることがあります。
<手数料等>
債券のお取引の際には、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。外貨建て債券を日本円で購入される場合や償還金等を日本円で受取りされる場合など、所定の為替手数料がかかります(為替レートは実勢レートに基づき当社が決定します。詳細は、当社ウェブサイト「債券」ページの「為替手数料一覧」をご覧ください。)。
<その他>
当社では、米国籍、米国の外国人永住権を保有されているお客様は、債券をご購入いただけません。
お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「目論見書」「無登録格付に関する説明書」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。
債券が、募集・売出し等の届出が行われていない場合は、金融商品取引法に基づく企業内容等の開示が行われておりませんのでご注意ください。


FX PLUS、マネックスMT4、マネックスFXプレミアムと大証FX(外国為替証拠金取引全般)に関する重要事項

<リスク>
FX PLUS、マネックスMT4、マネックスFXプレミアム及び大証FXでは、取引対象である通貨の価格の変動により元本損失が生じることがあります。また、取引金額が預託すべき証拠金の額に比して大きいため(最大25倍(FX PLUS法人口座100ではHKD/JPY、ZAR/JPYを除き最大100倍、マネックスFXプレミアムの法人のお客様は最大100倍))、取引対象である通貨の価格の変動により、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損)ことがあります。さらに取引対象である通貨の金利の変動により、スワップポイントが受取りから支払いに転じることがあります。FX PLUS、マネックスMT4、マネックスFXプレミアム及び大証FXでは、損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられていますが、相場の急激な変動により元本超過損が生じることがあります。FX PLUS、マネックスMT4及びマネックスFXプレミアム(店頭取引)では、当社・カバー先の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。
<手数料等>

FX PLUSでは、10,000通貨以上の取引では取引手数料はかかりません。10,000通貨未満の取引では1,000通貨あたり30円の取引手数料がかかります。
マネックスMT4、マネックスFXプレミアムでは、取引手数料はかかりません。
FX PLUS、マネックスMT4及びマネックスFXプレミアムでは、通貨ペアごとにオファー価格(ASK)とビッド価格(BID)を同時に提示します。オファー価格とビッド価格には差額(スプレッド)があり、オファー価格はビッド価格よりも高くなっています。
大証FXでは、片道1枚あたり140円(税抜)の取引手数料がかかります。
<証拠金>
FX PLUS、マネックスMT4では、取引通貨の為替レートに応じた取引額に対して一定の証拠金率(4%(FX PLUS法人口座100ではHKD/JPY、ZAR/JPYを除き1%))以上で当社が定める金額の証拠金(必要証拠金)が必要となります。
マネックスFXプレミアムでは、取引通貨の為替レートに応じた取引額に対して一定の証拠金率(4%〜100%(法人のお客様の場合、1%〜100%))以上で当社が定める金額の証拠金(必要証拠金)が必要となります。 大証FXで必要な証拠金の額(1枚あたりの必要証拠金額)は、日本証券クリアリング機構が定める証拠金基準額をもとに当社が定めます。大証FXの証拠金基準額については、大証FXの相場変動に応じて毎週見直されます。詳細は大証FXのウェブサイトでご確認ください。
<その他>
お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。


くりっく株365(取引所株価指数証拠金取引)に関する重要事項

<リスク>
くりっく株365の取引対象である株価指数は、需給関係、対象株式の相場、配当予想額、為替相場、金利相場の変動等に伴って変動するため、これにより元本損失が生じることがあります。くりっく株365では、取引金額が証拠金の額に比して大きいため、取引対象である株価指数の変動により、差し入れた証拠金の額を上回る損失(元本超過損)が発生することがあります。くりっく株365では、損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられていますが、相場の急激な変動により、元本超過損が生じることがあります。
<手数料等>
くりっく株365では、片道1枚あたり150円(税抜)の取引手数料がかかります。
<証拠金>
くりっく株365では、証拠金の額は、東京金融取引所が定める1枚あたりの証拠金基準額に、当社が定める金額(東京金融取引所が定める1枚あたりの証拠金基準額の2倍を上限額とします。)を加算した額に建玉数量を乗じて算出します。証拠金の額は、東京金融取引所でリスクに応じて算定する証拠金基準額及び取引対象である株価指数の価格に応じて変動するため、取引金額の証拠金に対する比率は、常に一定ではありません。詳細はくりっく株365のウェブサイトでご確認ください。
<その他>
お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。


マネックスシグナルに関するご留意事項

マネックスシグナルは、投資の参考情報として、ロボットの判断を提供するものです。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客さまご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。
本サービスのご利用にあたっては、投資顧問契約が必要になります。ご契約に際しては、投資顧問契約書、契約締結前交付書面および以下のご留意事項をご確認ください。

・ マネックスシグナルのご利用にあたっては、月額3,000円(税抜)を上限としたご利用料がかかります。

・ 新規売り注文を行う場合には、証券総合取引口座とは別途、信用取引口座の開設が必要になります。信用取引はリスクの高い商品のため、お客さまの投資方針によっては適合しない場合があります。また、信用取引口座の開設には審査があり、審査の結果によって口座開設申込をお受けできない場合があります。

・ 取引規制などにより銘柄によってはお取引できない場合があります。

・ 取引可能な銘柄でも注文条件、マーケットの状況等により、注文が約定しない場合があります。

・ マネックスシグナルで利用されているトレード・サイエンス社の投資分析アルゴリズム(ロボット)は、日本株ロボット運用投信(愛称:カブロボファンド)を運用するロボット(カブロボ)とは異なります。そのため、マネックスシグナルで利用されるロボットの投資判断、選定銘柄はカブロボの投資判断、運用銘柄とは異なります。

・ アルゴリズム分析の結果、銘柄情報が配信されない場合や新規シグナルが売りまたは買いの一方に片寄る場合があります。

・ ロボットはパフォーマンスなどにより対象から外れる場合があります。また、逆にロボットが新規に追加されることもあります。

・ 受信文字に字数制限がある機種(携帯電話等)でメールを受信される場合は、行がずれたり、全文が表示されない可能性があります。

・ メールの配信停止、配信先の設定に数日程度かかる場合があります。





NISA(少額投資非課税制度)の口座開設のお申込みに関するご留意事項

■  事前にマネックス証券の証券総合取引口座の開設が必要です。
■  NISA口座は1人1口座(1人1金融機関)
  NISA口座は特定口座・一般口座と異なり、1人1口座(1人1金融機関)までとなります。複数の金融機関に複数のNISA口座を開設することはできませんので、1金融機関にのみお申込みください。なお、一旦口座開設を行うと、1つの勘定設定期間中(第1:2014年1月1日〜2017年12月31日、第2:2018年1月1日〜2021年12月31日、第3:2022年1月1日〜2023年12月31日)は他の金融機関で開設できませんので、ご購入されたい商品の取扱いにつき事前にご確認ください。
複数の金融機関に重複してお申込みされている場合、開設手続きが遅れる場合があります。また、金融機関の変更ができない、NISA口座の開設が大幅に遅れるなどの影響が想定されます。当社以外の金融機関にもお申込みの場合、お早めにNISA口座の開設を希望しない旨を当該金融機関へお申出いただき、申請取消のお手続きをお取りください。
■  マネックス証券におけるNISA取扱商品
  制度上、対象商品は上場株式等(株式投資信託を含む。信用取引は対象外(また、保証金代用証券にすることができません)。)で、非課税扱いとなるのはNISA口座で新規にお買付いただいた場合のみです。また、当社・他社を問わず、特定口座や一般口座からの入庫はできません。マネックス証券のNISA口座では以下の商品を取引いただけます。

「国内上場株式」
「国内上場投資信託(ETF)」
「国内不動産投資信託(REIT)」
「国内上場投資証券(ETN)」
「公募株式投資信託(分配金受取コース)」
「公募株式投資信託(分配金再投資コース)」 ※NISA口座の預り金からの積立サービスにも対応
「外国株式(米国株式、中国株式、海外ETF)」

名古屋証券取引所、福岡証券取引所、札幌証券取引所の上場商品は除きます。
単元未満株は売却のみの取扱いとなります。
一部ETF等、取扱いのない銘柄がございます。
2014年5月時点の情報となります。
上記以外の商品については取扱いにつき決定し次第、ウェブサイト上でお知らせします。
■  株式売買及び株式売買手数料(国内株)についてのご注意
  NISA口座では、トレーディングツール(マネックストレーダー等)や携帯電話からの発注には対応しておりません。
NISA口座における国内株の株式売買手数料(株式らくらく口座はこちら)は、証券総合取引口座における手数料コース選択に関係なく、「インターネット株式売買手数料」の「取引毎手数料コース」となります。また、「パソコン手数料」が適用されます(「携帯電話手数料」は適用されません)。


課税口座(特定口座・一般口座)にて、旧オリックス証券の手数料体系をご利用のお客様につきましても、非課税口座(NISA口座)では上記の手数料となりますのでご了承ください。課税口座では、引続き旧オリックス証券の手数料体系のままご利用いただけます。
証券総合取引口座の2014年1月6日〜2014年12月30日(受渡日ベース)のお取引については、成行・指値の別にかかわらず、50万円超100万円以下の金額帯は一律1,000円(税抜)、100万円超の金額帯は一律約定金額の0.1%(税抜)となります。株式らくらく口座は1,500円(税抜)および約定金額の0.15%(税抜)となります。
■  米国株式・ETFの取引手数料について
  以下の手数料が適用されます。
1取引あたり約定代金の0.45%(税抜)、ただし最低5米ドル/最大20米ドル(税抜) ※売却時のみ、別途現地取引費用がかかります。
■  NISA口座における配当金・分配金に関するご注意
 
NISA口座の上場株式の配当金等が非課税扱いとなるのは、証券会社で配当金等を受取る「株式数比例配分方式」が選択されている場合のみです。そのためマネックス証券では、NISA口座をお持ちのお客様につきまして、NISA口座開設後初めて上場株式のお預りが発生した際に、当方式をご選択いただくものとして「証券保管振替機構(ほふり)」へ通知をさせていただいております。
配当金受取方式について
マネックス証券以外の証券会社に口座をお持ちの場合、「ほふり」での登録データはそれぞれの証券会社で共有されます。他社での変更分も含め、最新の変更が各社に反映されます。そのため、マネックス証券のNISA口座開設後初めて上場株式のお預りが発生した際には、一部のケースを除き「株式数比例配分方式」への変更が各社に反映されます。また、その後にマネックス証券や他社で変更された場合は、NISA口座であっても課税扱いとなる可能性があります。
他社での状況によって、「株式数比例配分方式」をご選択いただけない場合がございます。
投資信託の分配金のうち特別分配金については従来より非課税であり、NISA制度により新しく非課税効果を享受できるものではありません。
■  投資信託の分配金再投資コースについて
  分配金の再投資買付は、通常買付と同様、1年ごとに設定される100万円の非課税枠を使用いたします。その結果、使用済み非課税枠が100万円に近い場合、再投資買付時に非課税枠を超過する場合がございます。

このように、分配金再投資コースにてお買付いただいた銘柄の分配金の再投資買付時に非課税枠を超過する場合、NISA口座での再投資買付は不可となります。この場合、当社では、分配金再投資コースにてお買付いただいておりましても、当該分配金につきましてその年は分配金受取となります(再投資から受取に変更になった場合も、当該分配金は非課税扱いです)。課税口座(特定口座・一般口座)での再投資買付はされませんので、ご注意ください。
■  外国株の非課税取引のご注意
 
外国株の非課税取引にあたっては、外国株取引口座及び非課税口座(NISA口座)の開設が必要になります。
外国株の非課税取引は、NISA口座ログイン後画面ではなく、外国株取引口座画面(及び米国株取引口座画面)から行います。
外国株の非課税取引にあたっては、事前に、証券総合取引口座から外国株取引口座への日本円の振替、外国株取引口座での日本円から米ドルまたは香港ドルへの振替、また米国株取引については買付可能額(米ドル)の非課税取引への割当が必要となります。
外国株の非課税取引の際は、残り非課税投資枠を充分にご確認の上、ご注文ください。外国株取引にかかる非課税投資枠の更新は国内営業日1日1回のため、所定の優先順位により他商品の非課税取引が発注・約定され、外国株の非課税取引が課税扱いに変更されたり、注文中の注文が失効したりする場合があります。
米国株取引ルール
中国株取引ルール
■  投資信託の申込受付締切時間について
  投資信託の申込受付締切時間は、証券総合取引口座とは異なり、原則、営業日の14時となります。営業日の14時を過ぎたお申込みは翌営業日受付の取扱いとなります。
■  非課税枠の利用についてのご注意
  非課税枠は年間100万円までとなります。2014年1月1日以降、NISA口座にて新規にお買付いただく分が対象となります。ご売却されても非課税枠は再利用できません。また、年間100万円の非課税枠の残額(未使用分)は翌年以降に繰り越せません。
■  NISA口座の損失は損益通算不可・繰越控除不可
  NISA口座で発生した損失は、特定口座・一般口座で保有する商品の譲渡益や配当金等と損益通算できず、また繰越控除もできません。
■  書面等のご提供方法(電子交付サービス)
  NISA口座に関する取引報告書や取引残高報告書等の書面は、全て電子交付サービスでのご提供となります。
■  NISA口座におけるマネックスポイントの取扱い
  NISA口座におけるお取引等について、以下のポイントの付与・還元は行われません。また、現在お持ちのポイントもNISA口座のお取引にはご使用になれませんが、通常の口座では従来どおりお使いいただけます。
【株式】 日計り取引の片道手数料の還元および半額還元
【投資信託】  購入時の申込手数料および保有残高に応じた付与
マネックスポイント

新しいウィンドウに表示しますクッキーとウェブビーコンについて

   
投資信託ならマネックス証券−ネット証券 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会